Case

25

和の趣あふれる 居心地の良い 日本の住まい

S様邸

築80年を超える立派なお家にお住まいのご夫婦。前回トイレ、洗面、浴室のリフォームをさせていただいた際、特にトイレの雰囲気を気に入ってくださり、LDKも同じように和の趣あふれる空間にしたいと、嬉しいご依頼をいただきました。リフォーム前は四つ住まいの間取りで、キッチン、リビングの間に建具があり、また段差もあり、使い勝手が悪いとお悩みでしたので、間仕切りを取り払い、床の高さを揃えてワンフロアにして、広々とした空間に生まれ変わりました。

After

永年住まいを支えてきた梁を空間のアクセントにするため、天井を取り払い、塗装仕上げを施しました。

キッチンには奥様がこだわりぬいた、機能満載のTOTOクラッソを採用しました。シンク前には棚を設け、調味料や、小物置きに大活躍です。

以前土間だった玄関ホールは板の間にし、水廻りと奥様の寝室への動線が良くなりました。腰板を新しく貼り、綺麗に塗装を施して既存部分との調和をとりました。

前回のリフォームで気に入って下さったトイレの空間。今回のリフォームの決め手となった重厚な梁が素敵です。

Owner's Voice

施主様の声

愛知郡S様

夫婦共に、そして子供達、孫も満足しております。思ってた以上に他の部屋と違和感がなく仕上げてあるのに感心しておりました。 隠れていた天井の大きい梁が生き返り、我が家の歴史を感じる事ができ、大切にしなくてはと思っております。

Comment

担当者から

  • 野洲店 営業

    佐野

  • 野洲店 プランナー

    柴野

前回のトイレに続き、玄関、キッチン・リビングのリフォームをさせていただきました。どんどん綺麗になっていく我が家を見て、「嬉しい」と奥様よりお喜びのお言葉をいただきました。今あるものと上手く調和し、更なる魅力を感じる住まいになって嬉しく思います。
閉じる
Contact Us!

お問い合わせ・資料請求はこちら