Case

21

自然素材の内装でぬくもりを楽しむ家

O様邸

築35年の純和風住宅で、老朽化に伴い耐震の心配や設備の使いにくさが気になりリフォームをすることに。
木や土壁の内装に大変愛着を持っておられ、今の家の良さを残して新しくしたいと考えておられました。

リフォーム前は昼間でも照明が必要なリビングでしたが、LDKを一つの空間にしたことにより 家全体が明るくなりました。
LDKの天井は杉板、壁は珪藻土、床はカバザクラと内装すべてに呼吸する自然素材を使いました。
壁の珪藻土は、調湿性・消臭性・断熱性に優れており、快適な空間を作ります。

写真のダイニングテーブルは、大工さんが作った一点ものです。
キッチンはクリナップ “クリンレディ”です。

After

オープンキッチンのカウンターはキッチンの手元が見えないように、一段高めに作りました。奥に見える白木の建具もデザインからこだわった一点ものです。

LDKや縁側の窓には木すだれのロールスクリーンを設置。琵琶湖でとれた天然木ならではの重厚な質感をかもし出しています。耐久性に優れ、日光や湿度による変形もほとんどない優れモノです。

洗面室に作った棚です。観葉植物を飾ったり、洗濯用品の小物等も片付けられます。
写真の洗面化粧台はTOTO “サクア”。ボール横の収納棚は小物などが片付きやすいサイズに作られています。シンプルで高級感のあるデザインです。
洗面室に作った可動式の収納棚です。洗面・浴室廻りのモノがすべて収納できます。使い勝手に合わせて高さをかえられ、とても便利です。

ユニットバス。INAX “j-bath”。最高級のお風呂でゆったりとバスタイムを満喫!

Before

リビング。昼間でも暗く照明が必要でした。

Owner's Voice

施主様の声

草津市O様

私の要望やこだわりに対して、さまざまなプランを提案してもらい、実際に工事されたお宅に伺って、ライファさんの提案力や工事力を実際に見て 頼むことに決めました。 家全体が明るくなり、自然素材のぬくもりを感じながらゆったりとした時間を過ごしています。

Comment

担当者から

  • リフォーム事業部/彦根・東近江店 ゼネラルマネージャー/店長

    西山

約1年打合せを行い、O様が考えておられるイメージを形にし、希望に添えるようにプランを考えました。カウンターやテーブル・床・天井には無垢材を、壁には自然素材を使用し 健康に配慮しました。 工事期間中は引越しをして頂きご不便をお掛けしましたが、とても良いお住まいが完成したと思います。有難うございました。
閉じる
Contact Us!

お問い合わせ・資料請求はこちら